読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このままうたわせてよ!

SixTONESの田中樹くんを細々と応援しています

MCなどージャニーズ銀座SixTONES公演160529夜

今年のクリエが幕を閉じてからもうずいぶんと経ちましたが、せめてMCとアドリブ・日替わり部分はまとめておこうと思ったので書きます。全体の流れなどは27日の感想記事をどうぞ〜。

m-3310.hatenablog.com

 

ジャニーズ銀座2016 SixTONES公演

5/29(Sun)17:00~

 

・Move your body

〜スーパージェシゆごイチャつきコント〜

高地「あれー?ジェシーどこ?(中略)なんだよ、さっきかっこよくラップやってた樹じゃんかよー」樹「さっきかっこよくラップやってた樹でーす」高地「何か面白いことやれよ」樹「いいよ。…片手、片手、ホタテ」客\キャー!!/ 樹「これみんな大好きなんだよ(ドヤ顔で立ち去る)」高地「あいつ気持ちよくはけてったよ…」

 
☆MC

メモとってあるところだけ箇条書きでいきます。

・去年の少年たちの話。樹「俺、稽古のときからジェシーが死ぬとこ本気泣きしてたからね。だって普段『ワカルゥ!』とか言ってるあいつが『みんな…ありがとう……』って」ジェシー「バカにしてんだろ!」

・なぜ少年たちの話をしたかというと、SnowManさん御一行が見学にいらしているから

・下手バルコニーに座っているSnowManさんたち。席順は

←壁  ↑ステージ →客席

(1列目)岩本 深澤 佐久間

(2列目)挙武 神宮寺

(3列目)阿部 宮舘 渡辺

・一人ずつ感想を聞いていく。渡辺が無難に褒めると樹「渡辺、そうやっていい子ぶらないでいいから」

・渡辺「SixTONESが一番おもしろい!…あ、間違えた、一番は俺たちなんだけど」

・渡辺「見学のときにね、これをやってみたかった」マイクのコードを持ってバルコニーから客席にマイクを下ろしてファンにしゃべらせる渡辺。?「誰のファン?」客1「北斗くん」樹「えー俺のファンの人マイクとってよ!」近くの席の樹担がマイクを代わる。慎太郎「樹のどこがいいの?」客2「全部!」樹「全部いいの?」慎太郎「一回、目医者行った方がいいですね」

・岩本がしゃべろうとしてるのにわちゃわちゃ6人でさわがしいSixTONES。岩本「俺がしゃべるからだまれ!」SixTONES「はい!」岩本「みんな(SixTONESと客席)からは見えないかもしれないけど、俺だけパイプ椅子なの」立ち上がってパイプ椅子を持ち上げるょぅじょ岩本

・慎太郎?「阿部ちゃんはー?」?「阿部くん明日の天気は?」阿部「明日の天気とかどうでもいいんだよ!!ストーンズマジカッケー!!」京本「気象予報士の資格剥奪していい?」樹?「ねえ明日の天気は?」阿部「明日の天気は、あとで楽屋で教える!」

・渡辺「ストーンズのファンあったかいんだね!」樹「お?あれやるか?あったかいんだから〜♪やるか?」渡辺「…あったかいんd樹「それでさー」

・慎太郎?「さっくんはどう?」佐久間\すげー!!!!(地声)/

・佐久間「慎太郎がイジられキャラなのかと思ってたけど、意外と高地なんだね(Shake it upの話)」

・慎太郎「俺、高校卒業してすぐ髪染めたから。卒業した日の朝髪染めて、そのままMステ出たからね!」

・樹「スノーマンの話終わりますけど、翔太くんだけ立っててくださーい」京本「渡辺立ってろ!」律儀に立ったままじぐあむの話を聞く渡辺

・?「神宮寺どう?」神宮寺「おもしろいっす!サイコー!バチカッケーっす!」

・京本「俺、挙武と仲良い。挙武は俺の髪乾かしてくれる」

・じぐあむの話の途中で座る渡辺。樹「待って、何で翔太くん座ってんの?」

・渡辺「楽屋の感じでいじるのやめろ!」樹「もういじらなくていいの?」渡辺「いじっていいよ!?

ジェシー「俺(みんなに言いたいことが)あるわ!これビックリなんだけど!ビックリドンキー!」なんて言うもんだから5人が口々にビックリドンキーの好きなメニューの話をし始めて全然ジェシーの話が始まらない

ジェシー「俺と京本と北斗が同じ楽屋で、京本がシャワー浴びてる間、俺と北斗の二人でいたのね。そのとき俺はYouTubeサンドイッチマンの映像見てたんだけど、北斗がいきなりSiriに話しかけ始めて。『Siri、元気ですか?』『Siri、お母さんいるの?』『Siri、デートしたいよ』とか。しかも京本が戻った瞬間にやめるの」京本「Siriをやってることをイジってほしいんだろ」北斗「Siriって結構つれないやつなんだよ。俺が『好きだよ』って言うと、『ハイ、ワカリマシタ』って言うの。あとSiriってボイパしてくれるんだよ?知ってた?」

・慎太郎「俺らリハ中ずっとSiriで会話してなかった?」5人「「「「「え…してなかったけど……」」」」」慎太郎「えっ

・BE CRAZYの振りつけレクチャーコーナー。慎太郎「森マッチョお兄さんと!」客席\いっしょ!/慎太郎「みんな元気いいね!」

・慎太郎「君は初めてのアシスタントだな。自己紹介をしてくれ」京本「小鳥ちゃんを愛する堕天使、京本大我です

・慎太郎「はいこのポーズ!アゴクイみたいだね!みんな俺にアゴクイされてると思って!」

・だらだらとレクチャーしていると佐久間\早くやってくださーい!/とガヤが飛んでくる

・じゃあみんなで踊ってみよう!と言うとなぜかジェシーがキーボードの前にスタンバイ

・慎太郎「セッツ!(スタンバイの意)」?「ツッチーツッチーツッチーツッチー」高地、慎太郎、京本、北斗の4人がステージ上をくるくる回り始めてズクダンズンブングンゲームが始まってしまう。げらげら笑いながら見ているJ2。

・樹「誰の負け?」その場に倒れる北斗。北斗の負けらしい

・ビークレみんなで踊ってるとバーンバーンバーン!のタイミングでジェシーがキーボードでそれっぽい効果音を鳴らす

・Yes I am(仮)も振りレクチャー

・?「この曲さぁ、ポケモンセンターの曲に似てるよね」

・そして始まるポケモンごっこ*1

・京本(プレイヤー)が自動ドア(手で表現)をくぐりポケモンセンター(エア)の仲に入ると北斗(ジョーイさん)に背を向けて立つ。京本のリュック(エア)からモンスターボール(エア)を取り出し機械(エア)に入れる北斗。チャンチャンチャララーン♪の後、再びモンスターボールを京本のリュックに戻す北斗。ポケセンを出る京本。歩いていると真横から樹(短パンこぞう)が走ってきて遭遇BGM。チャラララララララチャッチャーラーチャッチャーラー♪ ?「短パンこぞうが勝負をしかけてきた!!」距離を置いて向かい合い構えるきょもじゅり。樹「いけ!イシツブテ!」イシツブテっぽいポーズで樹の前に飛び出す慎太郎。京本「いけ!メタモン!」メタモンっぽい動きをしながら京本の前に飛び出す高地。樹?「お前なんか微妙」高地「メタモンは誰がやってもスベるって!!」京本「高地は育て屋のおじさん!」高地「いつ出番あるんだよ!」

・バトル再開。樹「行け!カイリキー!」カイリキーっぽいポーズで樹の前に飛び出す慎太郎。京本「行け!カビゴン!」カビゴンっぽいポーズで京本の前に飛び出すジェシーカビゴンwwwwとなったところでバトル終了。慎太郎?「ポケモンごっこ楽しいねー!」

ジェシーポケモンって英語で何ていうか知ってる?ポキモン」樹「それはさすがに嘘wジェシー「嘘じゃないし!本当にポ↑キ↓モンっていうの」

・バニラボーイの宣伝。京本「前売り券を買うとミュウツーがついてくる」慎太郎「みんなミュウツーの逆襲を見るのかな」北斗「何年前の話してんだよ」京本「(北斗に向かって)まぁまぁまぁまぁ、落ち着いて」

・楽器の準備中。京本「樹さぁ、京本くんって呼ぶのやめろ」樹「あ、ごめん」慎太郎「これは楽屋で何かあるな」京本「樹の髪の毛を一本抜いてー、卵焼きの上に乗せてー、大根おろしをのせて食べまーす。樹の腹筋の上にみかんの皮を置いてー、夢のようにいっぱい醤油をかけまーす」目をつむって上を向いて爆笑する樹

 

・この星のHIKARI(JAZZ ver.)後にまっすーが登場。増田「お客さんがポケモンごっこに付き合ってくれる感じがあったかいね」

・LOVE YOU ONLYの曲中、歌いもせずにひたすらステージ上を八の字を描くように走り続ける樹

 

・WIND(高地ソロ)前にみんなで出てきてひろみのバイオリンで遊ぶ。ジェシー「ファミマのやつ弾いて!」慎太郎「セブン弾いて!」優吾「マックのポテトがあがった音!」後藤 「そういうコーナーじゃないよ!!」 

Harmony of December

曲終わりで京本が剛さんと光一さんの歌マネ。ジェシーマジでチクるからね!!

 

☆EC
・NEVER AGAIN

これアンコールじゃないよ!!!!!本編だよ!!!!(3回目)

歌割りはこういう感じ。

(Aメロ)♪I never〜→京本/♪easy come〜→ジェシ

(Bメロ)♪never forget〜→慎太郎/♪ためらいの迷路で→優吾/♪彷徨う二人 明日からは→北斗

(サビ)♪思い出まで〜→京本

(Cメロ)♪everything もう一度〜→ジェシー/♪I never〜→京本/♪若過ぎたのさ→北斗/♪優しさだけじゃ愛せないから→ジェシー/♪you are my〜→優吾/♪今なら言える〜→樹/♪運命は→慎太郎

樹の「君は俺の甘いHoney toste」が聴ける日を私は待っていた…夢がひとつ叶った…しかも最後のサビは本家の振りだった…最高か…

 

以上です!残りの公演もそのうち書くよ!そのうち!

*1:信じられないかもしれませんが、SixTONESは平均年齢21歳のユニットです